痛くない注射針

最近、痛くない注射針が開発されてるっていうけど本当!?
私、本当に注射が苦手だから1日も早く商品化してほしいんですけど~~(笑)

本当に注射が苦手で、倒れそうになる私。。。

針が体に入ってくるっていうのも嫌だし、痛いのも嫌!!!
注射をする為に麻酔をしてほしいっ!って思うけど、麻酔も注射なんだよね。。(爆)

でも、去年の冬重い胃腸炎になってしまって(涙)
先生が「血糖値も、塩分も低下しているので点滴を受けましょう!」って!!!!

最悪~~~~~!!!!
注射も苦手だけど、点滴はもっと苦手なんです!!!!

なんだろう?苦手な注射にずっと繋がれているから??
針が太いから???

胃腸炎の辛さよりも点滴の辛さの方が大きくて、吐き気なんてどっかにぶっ飛んで行ってしまいましたよ~っ!!

はぁ~~注射が苦手!苦手!!って騒いでる自分は、あと少しで40代を迎えるおばちゃんなんですけどね~~(笑)

子供が予防接種で大泣きしてるのを見るたびに、「遺伝!?」って思っちゃう(笑~~)
とにかく、痛くない針っていうのを待ちつつ。。。頑張りますっ♪♪
ん~~~極細の針ってことなのか(笑)???
一人、妄想してはニヤニヤ。。。(笑)

そういや、助産師さんが点滴注射を打つとき、声かけして安心させてくれてたっけ。
そのときの様子

http://www.josansi.com/part.html

病院ごとに違う勤務体制

病院で働く看護師さんにとって気になるのが、勤務体制。まず、夜勤があるかないかによって変わってきますよね。夜勤がある場合は交代制であることが主なのですが、普及しているのは2交代制と3交代制。どちらのシフトを採用しているかも、気になるところです。

現在、働き過ぎにより体調を崩す人が多くなってきました。そういう風潮もあり、ライフワークバランスという言葉が、数年前から流行りだし、今では認知度も高くなりましたね。

ライフワークバランスとは、プライベートと仕事時間のバランスを取ることを意味し、仕事ばっかりに時間を使わずにプライベート・家庭の方にも時間を振り分けてあげましょう的なもの。

これを重視するがために、働く看護師さんも勤務先を仕事時間や勤務体制で選ぶようになってきていますし、看護師さんが働きやすい職場を作るという意味で、多種多様な勤務体制を敷いている病院もあります。

医療の現場は、看護師不足でとっても悩んでいます。看護師さんが働きやすい職場作りをすることで、医療に従事する看護師さんが復帰などして増えれば、患者さんが享受する医療の質も高くなることが予想されます。看護師さんに余裕ができるので、激務による医療ミスも防げるでしょう。

子宮腺筋症で摘出手術をすすめられています

私は40代の主婦です。以前から生理不順で婦人科通いはずっとしていました。

しかし、小さな子宮筋腫が見つかりずっと経過措置をとってきました。ところが子宮筋腫がこんどは子宮腺筋症になりどんどん大きくなってきたのです。

症状としては、生理の量が多くなります。それによって貧血状態が続きます。ヘモグロビンの数値は5になってしまいました。よく生活できるねって先生もびっくりです。

今度は生理の時に下腹部に激痛が走るようになりました。痛さは陣痛並みです。そして高熱が出ます。39度出た時はさすがに辛かったですね。でも生理が終わると平気なのです。生理中の2日くらいがピークですね。ですから普通はがまんできるのです。

先生は症状が重くなってきたし大きさもかなりの大きさになったからと摘出手術をすすめてきます。でも家族のこともあるし、子供の受験もあるのでまだ入院するわけにはいかないのです。もう少し落ち着いたら考えてみます。でもそれまで症状がもつか、心配なわたしです。